着たいものだけつくります。

~モード系洋裁ブログ~ファッションバカの洋裁熱血奮闘記!!

【お宿情報】雪に映える美しい世界遺産「合掌造り」があるお宿~倭乃里(わのさと)~ 

今年最初のお宿情報は
いつもは車で移動する私達ですが、冬場のこの時期は美しい雪景色を見たくて電車移動の旅となります♪
今回は世界遺産の合掌造りのある街並み・飛騨牛・日本酒が有名な飛騨高山のお宿へ行ってまいりましたっ。

それはここっ
2018012620163936c.jpeg
飛騨高山「倭乃里(わのさと)」ですヽ(≧∀≦)ノ

私達夫婦は「隠れ宿・珍しいお宿」が大好きで、今回も期待を裏切らないテンション上がるお宿でした。
まず、入ってすぐの場所は
20180126201029edf.jpeg
囲炉裏だぁ!!
まず、この風景に出会った瞬間、私達を非日常へと誘ってくれます。

そしてここは15,000坪の敷地の中に、本館に4室、離れ4棟に4室と
わずか8室のみの隠れ宿で、私達は
20180126200931d97.jpeg

20180126200931c15.jpeg
離れの一つ「天領」に宿泊です♪

ここは、この宿で唯一和室と洋室があるお部屋で、部屋の中はこんな感じ♪
20180126200933c2f.jpeg
赤い絨毯にヴィンテージの家具がたまりません!

窓の外には人工物が見えず、ひたすら壮大な雪景色が広がっておりました。
テラスにはテーブルとイスがあるのですが、
温泉に入って体がぽかぽかになった後は、湯冷めしない程度にテラスで少しコーヒータイムを楽しみました

「雪景色って事は夜は寒いんじゃないの?」
と思ってたんですが、お宿の配慮がすばらしい!
写真の和室に布団を敷いて寝るのですが、ちょうど布団のしたの部分には床暖房が設置されているので
「じわわ~ん」と体に沁み渡るようなたまらん(笑)暖かさです。朝起きたらウッスラ汗をかいてたもんっ。

素敵なお部屋、気持ちのいい温泉、、に続いては飛騨の美味しいお食事です
20180126200936b7d.jpeg

20180126200934316.jpeg
場所を移動して屋根裏を改造したような趣ある個室での食事は本当に楽しかった♪
飛騨牛はもちろんの事、驚いたのはイワナのお刺身が出てきて、それが本当に美味しかったのです。
イワナはなかなかお刺身で食べられる所が少ないので、スタッフの方に聞いてみると「宿で養殖していて、直前にさばいている」
との事。

臭みがないどころか、甘みととろみが強く、白身魚にあまり詳しくない私でも「なにこれ?めちゃ美味しい」と声をあげてしまいました。

20180126200937e0b.jpeg
デザートまで個室で楽しんだあと、シメは場所を囲炉裏に移し、地元名物「かっぽ酒」を堪能
かっぽ酒とは地酒を竹筒にいれ、囲炉裏の炎で温めて飲むというもので、周りのシチュエーションも含め、
いつもの何倍も日本酒がおいしく感じられました。五臓六腑にしみ渡るんだなぁぁ(≧∀≦)ウメーナオイオイ!

滞在中、一度も他のお客様とバッティングする事もなく、すれ違う事もなく、本当にリラックスして楽しめましたっ

飛騨高山は春と秋に大きなお祭りがあるので、その時期に人気があるみたいだけど、
私は断然白銀の合掌造りを見る事が出来る真冬の飛騨地方が大好き!

雪が深いと行くのが大変だけど、とりあえずJR高山駅までいけばお宿の方が迎えに来てくれるので問題なし!

ご興味あれば是非足を運んでみてくださいませ~。
(高山駅近辺の古い街並みの中にある「飛騨牛にぎり鮨」(立ち食いのお店)は超絶品よ
関連記事

Comment

Name - しいな  

Title - はじめまして

初めまして*\(^o^)/* ブログ毎日読んでいるファンです。
しいなと申します。
いまね!ワイドビューひだ名古屋行きの列車内で読んでます。穂高まで足を延ばした帰りなんです。なんという偶然でしょう!なんだかとても嬉しいです(*^^*) ←思わずコメント
高山市内散策も温泉めぐりも一杯しました。雪の高山いいですよね。
ブログからいつもエネルギーたくさん貰ってますー
2018.01.29 Mon 17:29
Edit | Reply |  

Name - misuzu  

Title - 

>しいなさん♪

はじめまましてー!
いつもブログをみてくださっているという事、、そして
今回はコメントまでありがとうございます!

穂高、、といえば温泉でも有名ですよね♪

あぁ。。こうしてレス書いていると、飛騨に戻りたくなる(笑)
高山では名物の「飛騨牛にぎり鮨」は食べたけど、
もう一つの名物プリンを食べ損ねた事に後で気が付いてちょっと凹んでます。

しいなさんは食べました??
2018.01.30 Tue 09:33
Edit | Reply |  

Add your comment