着たいものだけつくります。

~モード系洋裁ブログ~ファッションバカの洋裁熱血奮闘記!!

レッスン課題に選んだのはコレ!~詳細いえないジャケット(笑)解体→一人で再生!~ 

さてさて、一つ前のブログからの続きでございます。

東京のかたやま先生とのレッスン、、何を課題にしようかずっと悩んでいました。
東京までレッスンを受けにいくので、やはり
こりゃ一人では無理っす( ノД`)
的なものか
プロの技を存分に堪能し、修得できるもの
的なものと思っていて、、、悩んだ結果、、
IMG_2008.jpg
詳細いっちゃいけないジャケットの解体&パターンをおこすレッスンに決定ヽ(≧∀≦)ノ!!!

もう私の中のブログでは定着?しつつある、詳細いっちゃいけないシリーズ!!(笑)

何故詳細がいえないかというと、、、これから私の製作工程ブログの中でジャケットの解体写真を載せるからです。

このジャケット、、前にブログネタで載せましたが、長年「仕事の戦友」として愛用してきたもの。
着倒しすぎてジャケットがサキイカの様にさけてしまい、。゚(゚´Д`゚)゚。オォウ
もう完全に着られない状態になってしまったものです。

自分で解体して型紙を作ろうかと思ったのですが
IMG_2009.jpg
絶妙にディテールが凝っていて、(たとえば前端部分は縦に真っ直ぐじゃなく左肩から斜めのラインだったりetc)
一人で解体したらミスりそうな予感、、

あと、イタリアと日本の縫製との違いとか処理の違いとか、、、
今まで裏地付のジャケットを作った事のない私はこのあたりの知識が無いので、
解体しながら先生のレクチャーを受けようと思ったのです。
実際にものを見ながらレクチャー受けた方がしっかりと理解できると思うし。

んで!!!さっそく
IMG_2010.jpg
【※写真をアップにすると私の汗ジミが見えるので食事中の方はお気を付け下さい(笑)】

解体する順番の指示をうけつつ先生と一緒に解体作業♪♪
まずは裏地をひっぺがし、
そして
IMG_2012.jpg
身頃を半分だけ分解し、丁寧にスチーム出しつつアイロンし、伸びてしまった部分を修正、、

何故半分残したかというと、次の再生作業に入る時に元々の縫い方、付け方が分かるように、、との事です。

この後は一気に型紙に写し取り、自宅にもどって1人で作れるよう製作手順を学び、レッスン終了!!

洋裁脳の中に明確に記憶が残っているうちにつくらねば!!!
・・・てな事で早速作り始めます。

初めての裏地付ジャケットにしては難易度高いものに手を出しましたが、
このジャケットだったから裏地付が作りたいと思ったので、その「着たい」エネルギーで頑張って作ります。
どうかあたたかく見守ってねん(*≧∪≦)

【インスタお休みの理由】

単純に両立ができない(´д⊂)!!
私にとってアイパッドで文章うったりタグ付け考えたりするより、PCで長文打った方が楽なんです~。
インスタ投稿するとどうしてもブログが後回しになっちゃうし、
今はブログに集中したいって気分なので、サクッとインスタ休む事にしました♪

【ランキング再参加です】

「ブログ更新サボるなよ応援ポチ」よかったらお願いします
↓↓↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村



関連記事

Comment

Name - tokki  

Title - 

こ、これは解体も大変そう(既製品の解体やったことある)
オキニのジャケットが華麗に転生できますように!!
2017.05.22 Mon 19:43
Edit | Reply |  

Name - ゆずの木  

Title - 興奮しますね〜〜(´∀`)。

わ〜〜★血圧が上がります!!
みすずさんの「詳細言えないシリーズ」素敵すぎです〜〜(´∀`)。
完成楽しみですね!
2017.05.22 Mon 21:11
Edit | Reply |  

Name - misuzu  

Title - 

>tokki さん♪

もう生地自体がだいぶ弱っていた事もあって、けっこう慎重に解体しました(汗)
一人だったら全部解体しちゃうところだったので、
やっぱり先生と一緒でよかったと痛感!
どうかどうか完成するよう祈っててください。

2017.05.23 Tue 12:25
Edit | Reply |  

Name - misuzu  

Title - 

>ゆずの木さん♪

むふふ、、二人で「詳細いえないシリーズ」を是非広めましょう(笑)
なんとかレッスン時の記憶と手順のメモと現物をみながら完成させたいと思ってます。
応援してくださいませ~
2017.05.23 Tue 12:27
Edit | Reply |  

Add your comment