着たいものだけつくります。

~モード系洋裁ブログ~ファッションバカの洋裁熱血奮闘記!!

ドイツ生まれのセクシー&キュートな娘っち♪製作裏話でござーい♪ 

前回からの続きでござーい

mmmm363.jpg
洋裁レッスンで完成した異素材ミックス(レース&シフォン)のトップス・・

まずは恒例の・・
mmmm367
娘っちを撮る先生を撮る私、、の図。


んで、本題ね(o゚∀゚o)v

今回はちょこちょことアレンジしております。

まずは「身頃の二枚重ね」
レースをどのくらいチラ見せさせるかという事に重点を置きました。

これ、私の中でめちゃくちゃ重要ポイント!

なので、この部分は1人で考えるより先生と二人で相談しながら決めていきたいと思ったので
これをレッスンの課題に選びました。
(だって、このレースは服地の催事でやっとゲットした理想のものだったので、失敗したくなかったのだっ)

最初は一柄分(10㎝)くらい見せようかと思ったのですが、土壇場でこの分量に変更。
結果、バランス的にこれで正解でした

次に「前身頃のギャザーよせの幅」

元ネタは下のイラストの様に
mila-5-400x400.jpg
前身頃の中央にギャザーをよせてあるのですが、
二枚重ねだと中央にボリュームが出すぎるので、
身頃全体にギャザーを分散しました。


そして「後ろ開きの部分」
mmmm368
元ネタでは、表にボタンがついているのですが、
これをあえて身頃の裏側につけました。

こうすると、、
368.jpg
表にボタン&プールが見えなくてスッキリ

実はこのボタンの付け方はZARAのトップスを参考にしましたよんっ。

このパターンは着物スリーブの変形バージョンみたいなもので、パターンも「3つ」と少なく、とても簡単なのですが、
日本のものと違うのは、ほとんどの部分が曲線で出来ているという点です。
だから簡単な着物スリーブでも立体感ある仕上がりになります。
mmmm366
【手のモデル:先生。先生の指先はとても綺麗なのっ♪】

で・も
曲線縫いって難しい、、特に異素材が重なった部分は、、
なので
今回はこの娘っちを作るにあたり、イレギュラーな曲線縫いのテクニックも先生からしっかり教わる!!
mmmm369
【先生のお手本です】

先生の指先がどこにきているか
どれくらいの力をかけているかって、、すごく勉強になります。
教科書では学べない部分かな。。

無意識にやっていた変なクセを先生の指先を参考にしながら修正していきます。
(以前、ロックミシンでの曲線縫いの時も、少し指先の位置を変えたら驚く程に綺麗に縫えるようになったので♪♪)

学び多きレッスンでした

PS:集中するとお腹がすくのでこの日もがっつり肉でございます。
DSC_2627.jpg
先生も私も見事完食!!
肉食系洋裁女子は今日も元気ですっっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆(笑)


関連記事

Comment

Add your comment