着たいものだけつくります。

~Fashion Sewing Blog~モード系ファッションバカの洋裁熱血奮闘記!!

「完成」ばっかりじゃない!心折れる失敗談ご紹介~「洋裁本」に一言いいたい~

今日は「物申す」ブログなので、いつも以上に長いです。ご了承くださいませ。

昨日のブログでは大大大好きな「ドレープドレープ」シリーズの新刊「ドレープドレープドレス」から
mmm162
この「アシンメトリー・ワンピ」を作りましたが、

私の「ドレープ・ドレープ好き」をご存じの皆様の中には不思議に感じた人もいらっしゃったのかもしれません。

「ドレープ・ドレープの新刊発売からNew娘っち誕生までちょっと時間かかってない?」
と・・・。

確かにあれだけ新刊発売を楽しみに待っていた割にはNew娘誕生が遅くなりました。
それはなぜかと言うと単純な話でございます。

心折れるレベルの失敗を2回もやったから。゚(゚´Д`゚)゚。ウェーン

実は「ドレープドレープドレス」発売後にすぐにこれを作りました。
mmm163
NO15「たすきがけ」という名のドレスです。
本での使用素材はマットジャージ。
名前の通り左肩と左脇に大きなドレープが入り「たすきがけ」に見えるデザインです。

もちろん同じ生地は用意できないので私はポンチニットで作製しました。
いきなりドレープ量の多いドレスを選んでしまったので、パターン転写&布裁断はかなり大変でした。

んで!!
完成したんですよ!一応。
試着したら写真と同じようなデザイン・シルエットにはなったんですが、
試着した瞬間から嫌な予感がしたんです。

だって
左肩と左脇が異常に重いΣ(´Д`*)んです。

いつもは試着しながら作るので途中の段階で違和感があれば気が付くんですが
ドレープドレープの本だけは最後まで作らないとホントのシルエットが見えてこないものが多いので、
とりあえず完成させたんですけどね・・・

・・そして予感は的中です。
軽く日常動作レベルで体を動かした途端にドレープの重みで左肩がズルンと滑り落ちた
もうそれは「ルーズな着こなしだねっ♪」って言えないレベルの落ちっぷりです。

マジ泣けましたわ・゚・(つД`)・゚・

でも「素材・パターンサイズを見直せば着られるものが出来るのではないか」と考え直し、
今度は素材をかなり軽めの天竺ニットに変更し、
サイズを1サイズ小さくして
型紙も0から書き直し、作製しなおしたんです。

でも結果は同じく左肩ズルズルでとても着られるシルエットではなかったです。
左側ばかりにドレープが偏っているからそりゃずり落ちるわ・・って感じです。

あっさりポッキリ完璧に心折れてしばらく本を開くのも嫌でした。゚(゚´Д`゚)゚

素材を違うものでつくればもちろんシルエットもドレープもかわります。
それは重々承知です。

でも、これは納得できないなぁ・・・
何が原因?私の体型?それとも生地セレクト?

実際に完成したものを試着した時にはちゃんと完成写真と同じシルエットにはなっていたので
もしかすると
「ディスプレイ専用のドレス」ってイメージのパターンなのかしら??
つまり「実用性の低いデザイン」という事。
実際、過去にドレープドレープでは明らかにそういうパターンがあったしね。

実用的なパターンと非実用的なパターンが一冊の本に混在してるっていうのはちょっと困ると思う私、、
なにかどーにかならないものか?

この本に限らず色々な洋裁本を見ていつも思っていたのですが
「もうそれは初心者の人もたぶん理解出来てるよ」って事をやたら明記し、
逆に本当に知りたい事が書かれていないなぁ・・て思う。

少し前にこの「洋裁本への素朴な疑問」を先生にぶつけたところ、こんな答えが返ってきた。

『たぶん本制作に携わっている人達がプロ(もしくはかなり慣れたレベル)だから、プロが思う「初心者が欲している事・知りたい事」と初心者が「本当に欲している事・知りたい事」には差があるんだと思う。』


なるほどね~。なんかわかる気がする。私の業界でもこういう事あるわぁ・・って妙に納得しちゃいました。


あっ、ちなみに
失敗したドレスに使用した生地はほどいて・・
mmm151
この娘に生まれ変わろうとしています♪

転んでもた・だ・で・は・お・き・な・い私ですヽ(≧∀≦)ノイエーイ!!!

※私、ミセスIは「ファッションバカ&洋裁バカ」を貫きますっ。
おバカなブログだけど、「応援してるよっ!」って方!
下のバナー2つを「ポチッポチッ」と押して頂けると、バカに拍車がかかりブログ更新頑張ります(笑)
どうぞよろしくお願いいたします!

↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

ハンドメイド(洋服)

※トラコミュも気軽に参加してくださいねっ♪
トラコミュリンク先
⇩⇩⇩
着たいものだけつくります。着ます♪♪
関連記事

2 Comments

あんりこ  

こんにちは!
ドレープドレープ掲載みたいなドレスを作ってみたいけど出番がなくて実現しない、あんりこでございます。

洋裁本に物申す、めっっっちゃ同意です(-"-)ゞ
そよそよ~と心地よい程度の風にやられるブラウスが出来てしまったことを思い出しましたw

本の説明もあるある~!です。
経験からカバーすること、よくあります。
明らかに手順を見直した方がキレイに作れるなと、作る前から変更することもしばしば…

懇意の手芸誌ライターさんが言ってましたけど、作った本人が校正することはすごく難しいそうです。
本制作の編集サイドの、読者への理解度と配慮での違いもあるんじゃないかと、私は思いま~す。

折れた心を癒すほどステキアイテムを作って、立ち直ってくださいませ(笑)

2016/01/18 (Mon) 17:56 | EDIT | REPLY |   

ミセスI  

>あんりこさん♪

おはようございます!
あんりこさんのコメントに同意同意!!

>読者への理解度と配慮での違い

初心者対象の洋裁本に限らず、まさにこれだと思います。

そして手芸誌ライターの人のお話も非常に興味深いです。
私も最近、洋裁本の事を出版関係者の人と話をしていたんですが、
「洋裁本のジャンルに関しては読者からの反応があまりない」って事を聞いて
びっくりしました。

ところであんりこさんの「そよそよ風にやられるブラウス」ってどんなのですかー
((((;゚Д゚)))))))!!
めちゃめちゃきになるんですが(笑)

2016/01/19 (Tue) 07:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment