着たいものだけつくります。

~Fashion Sewing Blog~モード系ファッションバカの洋裁熱血奮闘記!!

ヴィクトリア・ベッカム風スカート製作裏話&コーデ!!

出来上がったばかりのヴィクトリア・ベッカム風スカート

鮮やかなオレンジレッドはまさに夏を象徴するかの様な元気いっぱいのビタミンカラーですっ
コーデはいっぱい浮かぶけど、
とりあえず今からリアルにしたいものをピックアップしましたっ
まずはこれっ
mi211.jpg
写真ではわかずらくて申し訳ありませんが
ジョーゼット素材のブラウスですっ♪同素材の花やビジューが立体的にデコレーションされていて
私のお気に入りの一枚
ちょっとフォーマルな場所に着ていきたいな♪

mi212.jpg
つい先日ZARAのバーゲンでゲットした一目ぼれTシャツ!
ラフな中にも大ぶりパールでモード感は忘れません(笑)

mi213.jpg
長く愛用しているニット素材の夏用テーラードジャケット!!
ロングパールを合わせて「ヴォーグ」風にねっ

そしてコーデの要となる靴は・・
mi214.jpg
このあたりをコーデしていきたいっ!
ビタミンカラーを引き立たせるべく、足元はモノトーンで遊びたいとおもっていますっ。

かなーりスカートには満足しているんですが・・・
がっ!!!
製作過程はちょっと大変でしたよぉぉ~
・・という事でお待たせしましたっ(←誰も待ってなかったらごめんなさい)「製作裏話」でございます。


今回の
mi210.jpg
このハンドメイド本、、
発想やデザインは素晴らしい本です。

でも、私が作ったラップスカートに関しては縫い方の説明がほとんどないっ

ページの右上あたりにちょこっとだけ
「ベルトを縫う」
「裾の始末をする」
「ゴムテープを通す」

とか縫い方の順序が書いてあるんですけど、
縫い代の始末の仕方はいっさいないし、リボンをつける位置やゴムテープの通し方も「縫い代の長さから想像して」やるしかない状態。
特に使ったことのない「角かん」部分の説明は一切なし!
ネットで調べても洋服の「角かん」の使い方がないから苦労しましたよ~

海外のヴォーグやマッコールもほとんど説明ないけど、その分イラストでかなりフォローがしてあるから
そちらの方がまだわかりやすかった。

私が想像するに
「これくらいのものを作りたいと思うなら、ある程度は想像して出来るよね」
って思ってるんじゃないかなぁ・・って思う。

でも、私としては
著者の方の考え方やこだわりを「製作工程」を通じて知りたいと思っているので
正直そこは省略してほしくないなぁ・・って思う。

そこが今回残念であったし、頭フル回転で大変でした。

自分で1から製図して型紙をおこす事が好きな人とはまた考え方が違うと思うのですが、
私は作る事も好きだけど、ハンドメイド本から作者の人の人柄やこだわり・センスを感じながら
「へー、なるほど!」「この作者さんはこっちのやり方かぁ♪」
とか言いながら
作者の方と一緒に洋服を作っていく感覚が好きなんですっ。

私・・変かしらん??

※コメントは気軽に書き込んで下さいねっ。
 洋裁の事、ファッションの事、いっぱいお話ししましょう!!

私、ミセスIは「ファッションバカ&洋裁バカ」を貫きますっ。
「応援してるよ」って方!
下のバナー2つを「ポチッ」と押して頂けると、バカに拍車がかかり更新頑張ります(笑)
どうぞよろしくお願いいたします!

↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

ハンドメイド(洋服)

関連記事

8 Comments

とまと  

バナーのお写真が変わってる!
今回も素敵です♡

ヴィクトリア・ベッカムスカートの完成おめでとうございます。
再現性の高いこと!
イメージを形にできるって素晴らしいですね。

仕様書、省略されても絵か写真があるものしか出会ったことがなくて、それで今まではなんとかなってました。
というか、そんなに凝ったものを作ってないからか...

作者と一緒に作ってる気持ちになるの、素敵ですね。
私もそういう気持ちで取り組もう!
何だか上達できそうな気がしてきました。

また着画も楽しみにしてますね^_^

2015/06/27 (Sat) 22:03 | EDIT | REPLY |   

るる  

こんにちは☺
こちら今日は梅雨の合間の☀です~ね
ミセスさんの服作りはブログにアップする事で 上達していますよね 好きこそ物の上手あれって ことわざあるじゃない🎵
そのままですヨ❗靴のセンスも素敵だし 子育ても一段落だし作成した服は又違った子供です~ね
ブログアップ楽しみながら 腕あげて下さいね🍀

2015/06/28 (Sun) 13:49 | EDIT | REPLY |   

ゆう  

作る手順なんかは作家さんのこだわりと言うよりはその方がどこで洋裁を学んだかが強く影響されていると思います(*^^*)

私は作り方はほぼ見ず自分のやりやすいように縫っちゃいます(笑)

洋裁本はけっこう既製品メイドじゃない作り方が載ってる時が多いので(。>д<)

2015/06/28 (Sun) 13:53 | EDIT | REPLY |   

ミセスI  

>とまとさん♪

こんにちはー!
いつも元気になるコメントをありがとうございます!
今回は偶然にもヴィクトリアベッカムのスカートととても似たパターンの本を持っていたので
ラッキーでした。こういう偶然も楽しみながら洋服作っていますよ~♪♪

それぞれの作家さんのセンスとかこだわりとか本から伝わる事が多いので
そういった目線で読んでいると面白さ倍増です!!オススメですー。

2015/06/28 (Sun) 16:12 | EDIT | REPLY |   

ミセスI  

>るるさん~♪
こんにちはー!
こちらもとっても気持ちの良いあおぞらが広がっています♪♪
こんな日は洋裁に最適っ(笑)

私が洋裁ブログをはじめた頃からコメントをくださっているるるさんから見て
「上達している」って言われるのが何よりのパワーになりますっ。
そ・し・て・・
るるさんに教えてもらった「型紙用不織布」が、もう私にとってはなくてはならないものになっています。
本当にありがとうございます(今では50メートル巻を購入してますっ:笑)
これからもどんどんNew娘をブログにアップしていきますので
これからも是非温かく見守ってください!

2015/06/28 (Sun) 16:19 | EDIT | REPLY |   

ミセスI  

>ゆう師匠♪

こんにちはー!
確かに手順にかんしてはそれほどバリエーションはないですが、
学校を卒業した後、どんな経験をして本を出版するに至ったか、、
でけっこう変わってくると思うんです。

俯瞰的に見ると作家さんをはじめ、その本の製作に携わってる各分野のプロの個性やこだわり、センスがけっこう表れているんですよ~。面白いですっ。
更にその本からビジネス戦略的なものが垣間見えると、
また違った意味で面白かったりします。

私の仕事も専門職なので、ある程度学ぶ内容や手順は共通していますが、そらから後に関しては
自身のセンスと経験で大きくかわるので、それに似てるかなーって。

それぞれの本の性質を楽しみながら良いところをピックアップして自分流にアレンジするのが面白かったりします♪

2015/06/28 (Sun) 16:46 | EDIT | REPLY |   

あも  

こんばんは。
今度はオレンジ?のジラフ柄!素敵です✨

私は自分でパターンも引きますが、なかなかいいシルエットにならないので、洋服本のパターンもたまに使います。
でも作者の人と一緒に洋服を作っていく、って考え方はなかったです(・∀・)
始末の仕方も色々あるし、そこにこだわりやセンスがでるものですよね。
自分で作る時も、やっぱり悩むところです。服屋さんで、洋服の裏の始末をのぞいたりして参考にしたり…

長くてとりとめなくてすみません。どんどん新しい服を作ってるの、すごいと思います。本当にお洋服がお好きなんですね。次の作品も楽しみにしてます。

2015/06/28 (Sun) 20:57 | EDIT | REPLY |   

ミセスI  

>あもさん♪

こんばんはー!

まさにまさにあもさんのおっしゃる通り☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
始末の仕方や金具の使い方、、開きの形などは作者さんのセンスが出ると思うんですよね。
そこを見ながら本と会話するの、、楽しいですっ。(ほんとに声出しては会話してないですよっ:笑)

そして私も迷ったら好きな既製品の裏側をチェックしにいきますよ〜。
あまり裏ばかり見てるとショップのスタッフさんに変な目で見られるので
そのあたりをうまくごまかしながら見るのがけっこう大変です(笑)

2015/06/29 (Mon) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment